徒然日記
by panda914
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:本・漫画( 52 )

砂糖

シュガータイム (中公文庫)

小川 洋子 / 中央公論社



この方の作品の文章が好きなんですよね。
表現が綺麗。
独特の世界観があるなぁと思うのです。


すっかり書き忘れてたので次読んだ本とまとめようと思ったらまた忘れそうなので。

次何読もうか決めかねてます。
何かおすすめってありますかね?
[PR]
by panda914 | 2014-10-29 20:48 | 本・漫画 | Trackback | Comments(0)

蝉と旅とクジラ

八日目の蝉 (中公文庫)

角田 光代 / 中央公論新社



初めて読みました。
最初は誘拐犯の気持ちに同調できなかったのですが、だんだん、子供に対する母親としての愛情をすごく感じて、小豆島に行ってからなんて、一日でも長く2人が一緒にいられることを祈ってしまうくらいでした。
2部構成も面白くて。
最後は前向きな気持ちになれるのでよかった。
なんだろう、すごく読んでよかった作品って思いました。


キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)

時雨沢 恵一 / KADOKAWA/アスキー・メディアワークス



年に1度の発売を毎年楽しみにしている作品。
やっぱりこの作品は大好きだなぁ、って思う。
今回はちょっと毒が少なめ?師匠の話も割と淡々としていたし。
今回は師匠、キノ、シズがリンクする作品も多くて面白く読めました。
何度も読みたくなっちゃいますね。


クジラの彼 (角川文庫)

有川 浩 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



何!?めちゃ甘々のラブラブ!!!
というのが、読んだ後の感想(笑)
いや、こんな恋愛がしたいーー!!って思うくらいにキュンキュンきました。
特に表題作の「クジラの彼」とか本当キュンキュンきたよ。
あと、脱柵の話も好き。
恋愛ものでキュンキュンくる作品っていいですねー!にやにやしちゃいました。


さて、次は何を読もうかな。
[PR]
by panda914 | 2014-10-23 23:26 | 本・漫画 | Trackback | Comments(0)

幽談・ガリレオ・ビブリア

幽談 (幽BOOKS)

京極 夏彦 / メディアファクトリー



宮部みゆき氏の怖い?話で京極を読みたくなって。
うーん、得体のしれない、結果がわからない怖さ?っていうのでしょうか。
最後の話は蓋をあけてしまったけれど、どうなっちゃったのかなぁ。
この作品の好き嫌いはあるけれど、京極さんの文章って読みやすくて好きだなぁと思う。


探偵ガリレオ (文春文庫)

東野 圭吾 / 文藝春秋



地味に読んだことなかったので。
ドラマもみてないし。
さらっと読めて面白い。
短編だからすぐに答えがわかるのはいいね。というか、トリック?はともかく大体犯人わかっちゃう感じがいいかな。読みやすくて、よかったので、シリーズ続けて読んでみてもいいなぁ。


ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

三上 延 / アスキーメディアワークス



こちらも短編で、話が繋がっている。
それだけの情報でわかっちゃう?ということもありつつ、こちらもさらっと面白く読めました。
夫婦の話が好きだったな。奥さんがかわいらしい。


とりあえず、今は再度京極を読んでます。
うーん、相変わらずの話ですが、また何冊か読んだら記録を残しますか。
このペースで読んでいくと、2,3冊前に何を読んだか記憶が定かじゃなくなるんですが・・・
[PR]
by panda914 | 2014-09-29 22:37 | 本・漫画 | Trackback | Comments(0)

告白・理由・あやし

理由 (新潮文庫)

宮部 みゆき / 新潮社



ドキュメンタリー形式に慣れるまで登場人物も多くて頭の中で整理しきれず、とても読みにくかった。
ただ、どんどん語られていくうちに真相に近づいてきて、それぞれの理由があって。
なかなかに面白かった。


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

湊 かなえ / 双葉社



イヤミスって呼ばれてるんでしたっけ?
読後感がいやーな感じでしたね。ちょっと、現実的に?と思うラストではありましたが、嫌な気持ちにはなるけれど、誰も救われる部分はないけれど、おもしろかった。
湊かなえさんの作品は初めて読みましたが、他にも読んでみたいと思いました。


あやし (角川文庫)

宮部 みゆき / KADOKAWA/角川書店



どうも、「火車」や「レベル7」を読んだときは宮部みゆき最高!面白い!!!と思ったはずなのですが、「理由」今回の「あやし」どちらも面白いし、「あやし」は短編で読みやすいのですが、それ以上でもなく。
もちろん面白いんですよ?でもこれは!!というほどでもなく?というところで。
「女の首」はよかったですね。
タイトル通り怪しい話、不思議な話でしたね。
こういう、怪しい話は京極が一番とどこかで思ってる節があるからいかんのでしょうねぇ。

ということで、次は久々に京極を読もうと思ってますよ。
[PR]
by panda914 | 2014-09-11 19:57 | 本・漫画 | Trackback | Comments(0)

ちょこちょこと

引っ越ししてからやっと生活リズムに慣れてきた、というわけではないとは思うのですが、地元の駅に図書館があるので、せっかくだし、この機会にいろいろ借りて読むぞ!となってます。
予約するのも面倒なので、とりあえず、読んだことがない本が圧倒的に多いので、気になったものを適当に借りてます。

で、そういや、前に本の感想を書いていたなぁと思って過去さかのぼってみたら、びっくりするくらいに、読んだ記憶がない作品が・・・
それこそ、図書館でもう一度かりるところだったよ、というレベルで覚えてなかったです。

ということで、読んだ本は記録したほうがいいんじゃないかと思ってきました。

ゴールデンスランバー (新潮文庫)

伊坂 幸太郎 / 新潮社



これは旦那が持ってたので。
映画はみてなかったので、どうなるんだろう?とドキドキしながら読めました。

ガール (講談社文庫)

奥田 英朗 / 講談社



奥田さんって男性ですよね?男性の作者がここまで女性をかけるってなんだかすごいな、と思ってしまった。


ララピポ (幻冬舎文庫)

奥田 英朗 / 幻冬舎



内容がエロがたくさんでびっくりした。ちょっと予想外の内容だったけれど、面白く読めましたよ。


阪急電車 (幻冬舎文庫)

有川 浩 / 幻冬舎



実は読んでなかったのです。
やっと読めました。こういうほっこりする話大好きだなぁ。映画も見ればよかったなぁと。

中庭の出来事 (新潮文庫)

恩田 陸 / 新潮社



ブログを読み返すまで、恩田陸さんは夜のピクニックとドミノの記憶しかなかった。他にも読んでたのに・・・
現実、劇、劇中劇で何層にもなっていて、頭の中がこんがらがってしまいました。
でも、なかなかに引き込まれるんですよねー><


とりあえず、最近読んだものをピックアップしました。
読書メーターとか登録したほうがいいんじゃないかな、ってくらい、読んだ本自体忘れるもんだなぁとびっくりしました。
[PR]
by panda914 | 2014-08-01 21:24 | 本・漫画 | Trackback | Comments(0)

神戸ルール。

本屋さんで神戸ルールという本を見つけて、思わず立ち読みしてしまったのです。

神戸ルール

都会生活研究プロジェクト「神戸チーム」 / 中経出版




いわゆるケンミンショー的なものなのですが、神戸にクローズアップしてあるので、そうそう!!!って思うことが多くてなかなか面白かったです。


今日、職場のお昼休みにその話をし、「とくれん」はもちろんのこと、「油引き」「神戸ノート」で盛り上がりました。

個人的にはイチロー選手がいたころのオリックスが好きっていうのが激しく共感www
あと、神戸っ子は北野案内があまりできない、とか中華街にいかない、とかwww
自転車に乗らない(乗れない)とかね。そういう私も乗れない人。


そうそう、季節の風物詩、いかなご漁解禁により、戦闘体制に入ってるお宅が多くなってるのでしょうね。
ちかくの団地からさっそくいかなごの釘煮の香りがしてました。
[PR]
by panda914 | 2013-02-26 00:26 | 本・漫画 | Trackback | Comments(2)

買ったよ!

RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日

荻原 規子 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



ゲットしましたよ!
今読んでます。
途中だけれど!やっぱり荻原先生の作品は好きだなー!
[PR]
by panda914 | 2011-10-30 21:41 | 本・漫画 | Trackback | Comments(0)

やっぱり!

キノの旅〈15〉 (電撃文庫)

時雨沢 恵一 / アスキーメディアワークス



やっぱり出てるじゃないか!!!
近くの本屋さん2件、足しげく通ってるのにぜんぜんおいてなくて、でも毎年1回、10月に発売だし・・・と探してたのですが・・・。
で、やっとネット検索してみたら・・・やっぱり出てるじゃないか!!!

大きい本屋さんに行こう。そうしよう・・・。

RDG5も10月末ごろに発売だから、それも買わなきゃだし!
[PR]
by panda914 | 2011-10-19 21:12 | 本・漫画 | Trackback | Comments(0)

久々に読書。

謎解きはディナーのあとで

東川 篤哉 / 小学館



いっつも本屋で帯のフレーズが気になってたので(笑)

かるーく読めました。
執事の毎回辛らつな一言を言うのが、いいですね。次は何を言うんだろうかとw


テロリストのパラソル (講談社文庫)

藤原 伊織 / 講談社



これ、すごく私は面白いと思いました。
最初は「??」という部分が多くて、何なんだろ?って思いつつ読み進めると、どんどん見えてきて、最後はあっという間に読んでしまいました。

あ~、面白かった!という感じで。
主人公が人がいいというか、悪い人ではないので、素直に読むことができました。

一緒に行動するやくざさんがかっこいいんですが(笑)


他、何か面白い本はないかな!
まだ、もう少し本を読みたいブームは続きそうですよ。
[PR]
by panda914 | 2011-07-28 21:31 | 本・漫画 | Trackback | Comments(0)

読み終わったよ。

RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (カドカワ銀のさじシリーズ)

荻原 規子 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



マッハで本屋に行って購入した最新刊。
読み終わりまして。

このRDGシリーズですが、私は相変わらず、荻原先生の世界観が大好きではあるのですが、荻原先生作品には珍しい大人しい引っ込み思案の女の子が主人公。
ということで、若干物語の進み方のスピードがゆっくりに感じられるんですよね。

というのも、西の善き魔女を読み返していたところだったので、フィリエルの突き抜けた性格が物語をぐいぐい引っ張っていく躍動感が面白かったんですよね。

それとは全く異なるなぁと。

今回世界遺産の少女は次回へ続くようですので、続きが楽しみです。
年内には発売のようですし。

次は発売日にゲットできるよう注意しておこうと思います(苦笑)
[PR]
by panda914 | 2011-06-23 22:16 | 本・漫画 | Trackback | Comments(1)


カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
おめでとう!! 今の間..
by anne_ananas at 22:14
改めまして、おめでとう!..
by パララン at 10:06
>anneちゃん 実家..
by panda914 at 20:16
今週も美味しそうなお弁当..
by anne_ananas at 22:17
>anneちゃん 降り..
by panda914 at 19:32
リンク
お気に入りブログ
最新のトラックバック
変なレッテルですね
from 我侭な思考回路
おーぷん? MUSIC ..
from 我侭な思考回路
日本の原風景?
from ケイのきまぐれ日記 Seco..
サクラが咲いてました
from ケイのきまぐれ日記 Seco..
もしもバトン
from ケイのきまぐれ日記 Seco..
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧